債務整理

返済に行き詰ったときの対処

消費者金融からの借金返済に行き詰ったときの対処策として、一番有名なのは自己破産でしょう。破産宣告を
して免責が許可されると借金がすべてチャラになるという制度で、これまでにも無数の多重債務者がこの制度
を利用してきました。

しかし、破産宣告をすることで生活に支障をきたす場合もあります。そのような場合は、裁判所を通して消費
者金融側と支払い交渉をする個人再生がおススメです。個人再生では、5000万円以下の債務がある人が対
象で、交渉により債務が五分の一程度にまで減額されます。

給与所得者等再生

また、個人再生では毎月の定収が見込める人を対象とした「給与所得者再生」という制度もあります。給与所
得者再生では、金融業者側の賛否を問う必要がないことから、手続きが迅速に進むというメリットがあります。

以下が給与所得者等再生の支払い額の算出方法です。

  1. 最低弁済額
  2. 清算価値
  3. 可処分所得(収入から最低生活費を差し引いた額)の二年分

以上の3つの項目うち、一番多い金額を3年で返済することになります。

0

最低弁済額とは

最低弁済額とは、借金の額が100万円未満の最低弁済額はその金額。借金の額が100万円〜500万円の
場合の最低弁済額は100万円、借金の額が500万円〜1500万円の最低弁済額は借金の額の五分の一、
借金の額が1500万円〜3000万円の最低弁済額は300万円となっています。

清算価値とは

清算価値とは、債務者が保有している財産を換金した場合の合計金額です。財産とは預貯金、保険、自動車、
退職金見込み額などです。自己破産の場合は保有している不動産を手放すことになりますが、民事再生では不
動産を手放す必要はありません。