本文へスキップ

借り入れ審査

大手と中小の違い

金融機関からお金を借入するには、まず審査に通る必要があります。「無審査」と広告を打っている金融会社もありますが、それはクレジットカードの現金化によるもので、本来のキャッシングとは少し違ってきます。新規の顧客に融資を実行する場合、どのような金融会社でも必ず審査があります。

 

通常でしたら、銀行系や大手の消費者金融ほど審査が厳しく、逆に名の通っていない金融会社ほど審査が甘いようです。ただし、銀行系のほうが金利の面で低く設定されており、審査が甘い金融会社ほど金利が高めに設定されてあります。

 

それもそのはずで、多重債務者ほど貸し手側から見たらリスクも高くなるので、それ相応の金利をとらなくては採算が合いません。どのあたりが銀行系消費者金融の審査の目安かといえば、概ね借入件数3件前後と考えておけば間違いないでしょう。借入件数が3件未満、借入総額が100万円以内であれば、余程のことが無い限り、大手消費者金融で審査は通るはずです。もちろん定職に就いている場合に限ります。無職者の場合は100%借入不可能です。

 

そして、それ以上の借入件数となれば、銀行系では不可能ですので中堅の消費者金融に頼ることになります。但し、その場合でも総量規制の対象内(年収の三分の一以内)が前提でして、それ以上の債務がある方は、借入が不可能となります。

総量規制

では、総量規制の対象外(年収の三分の一以上)の方は新規の借入が不可能なのかどうかといえば、まだまだ融資先は存在します。銀行系のローンなどは総量規制の対象外ですし、おまとめローンなどの類もそうです。また、もともと貸金業登録をしていないヤミ金融などは総量規制など無関係ですので、あまりお奨めはしませんが借入は可能です。借入手順としては、なるべく金利の安い順(銀行系→中堅金融会社→おまとめローン→ヤミ金融)から審査を受けてみるとよいでしょう。そしてヤミ金融にたどりつく前に、債務整理などの対策を講じたほうが得策かと思います。