独自審査

独自審査とは

独自審査というキャッチコピーをつけて顧客を勧誘している金融業者がありますが、この独自審査とはどういったものでしょうか?

各金融業者によって審査基準が異なりますので、ある意味独自審査といえますが、基本的には年収、勤続年数、現在の借入状況などを総合的に判断して融資の可否を決定します。

その最終的な融資の可否の判断が、各金融業者によって変わってくることから、審査が厳しいところや甘いところといった区分けをされることとなります。したがって、審査の内容についてはどの消費者金融も然程変わらないのです。

ネットワーク

独自審査は違法業者

しかし、webサイトで見る独自審査というのは、あたかも金融業者独自の審査基準を持っていて、通常の審査とは異なるかのような意味合いを持たせています。これは、多重債務者に対して期待を持たせるのが目的といっても過言ではないでしょう。

独自審査だから申込者の人間性を重要視し、借金の状況などは二の次です、といった想像を掻き立てるわけですが、実際は貸金業登録をしていないから信用情報機関のデータが使えないだけのことです。だから現在の借入状況や過去の支払い履歴が分からないから、独自審査などと偽っているのが真相です。

違法業者がターゲットとするのは多重債務者の中でも特に末期症状の人です。どこからも借り入れ出来ない人の弱みに付け込んで暴利を貪るのが彼らの商売です。そういった人を誘う手口がこのような「独自審査で貸します」といったキャッチコピーで、いかにも多重債務であっても借りれそうな錯覚に陥ります。

0

実際に申し込んでみると

実際に申し込みをしてみると、個人情報から現在の借入状況まで詳しく聞かれます。何しろ信用情報機関のデータが使えないのですから、本人に聞く以外に方法はありません。たいていの金融業者は事務所まで来店を促します。事務所に行けば、貸金業者には義務付けられている登録票も貸付条件表も一切提示されておらず、完全なヤミ金融であることは一目瞭然です。

そして融資の条件を提示されることとなりますが、元が違法業者ですので、法定金利を厳守するはずもなくトンデモナイ金利を請求されることとなります。もちろん、借りるあてのない多重債務者への融資は貸す側にとってもリスクがあることなので、高い利息をとるのは当然のことかもしれませんが、法律違反であることは事実です。

結論を言えば、独自審査と称する消費者金融は違法業者ですので、絶対に手を出さないことが重要です。

絶対手を出してはいけない金融