消費者金融

多重債務者の場合

金融業界の現状は景気の低迷に影響され貸し渋りや貸し剥がし、あるいは借入審査を厳しくして、資金の借入は非常と困難になっているのが現状です。

特に借入件数が多い多重債務者や、過去に自己歴があるブラックリスト掲載者などの新規借入はほぼ絶望的です。

こういった与信審査で評価するスコアリングシステムの点数が低い人たちは、正規の消費者金融では審査に通らないことから、非合法な金融業者へと向かっていく人も少ないないのです。

これは非常に危険な傾向ですので、非合法なサラ金会社の実態をよく知っておかれたほうがいいと思います。

0返済のための借入

借りれ直ぐに返済する予定の借金が、返済出来なくなって雪だるまのように増えてしまうケースが少なくありません。こういった月々の返済に頭を悩ます多重債務者が、 全国で数百万人と言われています。

そして多重債務者の多くが、金融業者への支払いのために新規借入をしてしのいでいる状態(自転車操業)なのですが、こういった状況を繰り返して時間を稼いだところで、事態の改善は見込めませんし、それどころか自体をますます悪化させているのは明白です。

ただし、こういった自転車操業については2010年に施行された総量規制によって、事実上は不可能となりました。年収の三分の一以上の新規借入が不可とされたからです。

しかし、まだまだこういった多重債務者を狙った非合法な金融業者たちが、甘い誘いをして融資を持ち掛けてきます。こういった誘いに乗ってしまっては元も子もありません。

0低金利での借り換え

多重債務者の方は、まず金利の低い銀行ローンで債務をまとめることを考えましょう。仮に多重債務状態にあったとしても安定した収入のある方ならば、返済能力があるとみなされて審査に通る可能性はあります。

とにかく、多重債務から脱却するには今現在ある借り入れ件数を減らしていくことでしか、解決の手立てはないのです。

お金を貯めるコツ

通常、お金を貯めようとする際、「贅沢を回避して倹約生活を送り、残ったお金を貯蓄」と考えるのが一般的でしょう。しかし、これではお金はそれほど貯まりません。お金を貯めるコツは、貯金をしてから使うということです。

毎月7万円を貯金すると決めたら、先に7万円を貯金してから、残りのお金を使うようにすれば確実に貯蓄は出来ます。これを習慣化するだけで、お金は面白いほど計画通り貯まってくるでしょう。一年間で簡単に100万円が貯まるはずです。