アイク

話せるディックとして業績を伸ばした先進的ファイナンス

消費者金融ディックファイナンスの看板

大阪市に本社を置いていたディックファインスは、「話せるディック」をコンセプトに1997年には融資残高が1578億円を突破し、業界第九位にまで成長を果たします。

また、ATM・CDでもダイエーグループの各店舗内、全国のローソンに設置されたCD機と、提携している27銀行のATM5000台以上で利用可能となるなど、利便性の向上につとめていました。

バブル崩壊後も順調に業績を伸ばしていましたが、90年代後半、ダイエー本社の営業不振により外資系のアイシエツ・ファースト・キャピタルへ売却されます。

  • 1974年 1月:大阪においてダイエーグループとして創業
  • 1998年 1月:ダイエー本体の経営不振により、アソシエイツ・ファースト・キャピタルへ売却
  • 2000年 1月:アメリカ巨大金融企業シティグループ傘下となる
  • 2002年 5月:マルフクの店舗・債権を600億円で譲受する
  • 2003年 1月:シティグループが経営する三社(アイク、ディック、ユニマットレディス)が経営統合され、CFJ株式会社となる
  • 2006年 1月:消費者金融準大手であったアイクを統合する
  • 2006年 3月:銀行とコンビニの全国71000台のATM機で出し入れが可能となる
  • 2007年 1月:シティグループの経営悪化を受け、事業縮小。有人店舗を270店閉鎖
  • 2008年 3月:融資残高が業界6位に転落、当時の融資残高は約9,500億円
  • 2008年 6月:全店舗を閉鎖し、営業はインターネットと電話のみの取引に限定
  • 2008年11月:サブプライム問題で6兆円を超える巨額損失を出したシティグループの影響を受け、新規受付を停止
  • 2009年 3月:ユニマットレディスを統合

ディックファイナンスの自動契約機

1999年当時の企業データ

  • 本社所在地/〒541-0054 大阪府大阪市南本町1-4-10 ハイ・ハートビル
  • 代表者/田中 彰(たかな・あきら) 創業/昭和26年
  • 社是社訓/For the Customers 従業員/1,426人(男684人、女784人)
  • 資本金/1億5,840万円 営業収益/455億5,400万円 前年比/13.0%増
  • 事業内容/消費者金融 営業所/全国都道府県202支店
  • 初任給/大卒総合職20万2,940円 賞与/年間平均5.8ヵ月
  • 勤務時間/9:00〜18:00(実働8時間)
  • 休日休暇/年間休日123日、有給休暇、初年度10日・最高20日、夏季、年末年始、慶弔
  • 住宅手当/月額1万4,000円〜5万円 社員寮/大阪、東京、浦安
  • 女性待遇/女性の最高役職・課長、女性の役職者数39名、女性再雇用制
  • 98年度採用実績/大卒男子80名(うち文系64名、理系16名)、大卒女子42名(うち文系40名、理系2名)短大卒23名、専門学校卒6名、大学院卒1名
  • 採用実績校/京都、神戸、早稲田、帝京、流通科学、龍谷、立命館、九州産業大学

テレビコマーシャル

現在、消費者金融のテレビコマーシャルは2006年の貸金業規制法改正により、各社月間100本以内、午前7時から午前9時までの間と午後5時から午後10時までの間は放送できない決まりになっていますが、それ以前はゴールデンタイムの時間帯に頻繁に消費者金融のCMが流されていた時代がありました。

この時代のテレビCMによって利用者が急増したと言われていますが、これによって多くの多重債務者や自殺者を生み出したことも忘れてはなりません。

1999年当時のCM

1999年当時の金利  29.200%
   
   
   

2005年当時のCM

2004年当時の金利  29.200%
   
   
   

1999年消費者金融金融融資残高ランキング

1999年は消費者金融業界が最も勢いに乗っていた時代です。各業者とも顧客を増やし、過去最高益を出していた一方で、過剰融資により多重債務者や自己破産者が増えていった時代です。

  • 第一位0武富士(1兆3,412億円). 当時の上限金利27.375%
  • 第二位0アコム(1兆2,064億円). 当時の上限金利27.375%
  • 第三位0プロミス(9.766億円). 当時の上限金利25.550%
  • 第四位0アイフル(5,392億円). 当時の上限金利29.200%
  • 第五位0レイク(4,188億円)
  • 第六位0アイク(4,188億円)
  • 第七位0三洋信販(2,252億円). 当時の上限金利29.000%
  • 第八位0ディックファイナンス(2,084億円)
  • 第九位0ユニマットライフ(1,659億円)
  • 第十位0日立信販(1,601億円)